「ヒゲの未亡人の国内旅行2016」

2016.10.31 Monday

0

    ヒゲの未亡人レコ発ツアー

    「ヒゲの未亡人の国内旅行2016」at 旧グッゲンハイム邸

    http://www.nedogu.com/blog/archives/16612

     

    日時:2016年11月21日 (月) open 19:00 start 19:30
    会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
    料金:予約 2,800円 当日 3,300円

     

     

    永らく廃盤で入手困難だったヒゲの未亡人のアルバム「ヒゲの未亡人の休日」が新曲6曲+新録3曲を加えた全11曲のフルアルバムに増補改定!

    11月16日にアナログ12インチでリリースされます。
    このフルアルバム・リリースを記念して全国主要都市10箇所を周る久々のコンサートツアーを行います。
    人形劇+映像+演奏とヒゲの未亡人・ゾラの独り語りが織りなす可笑しくも悲しい目眩くステージは、第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞を受賞した岸野雄一の「正しい数の数え方」のプロトタイプとして知られています。
    「正しい数の数え方」でヒゲの未亡人を知った方も、もう既に何度もヒゲの未亡人ショーをご覧になった方も、今回はヒゲの未亡人が主役です。アルバムに収録された新曲はもちろん、今まで上演される機会のなかった新レパートリーをも数多く取り入れたまさしく完全版にふさわしいステージ構成になっています。
    どうかお見逃しなく!

     

    LIVE:
    ヒゲの未亡人(岸野雄一+ゲイリー芦屋×ALi)
    ゆうき(オオルタイチ & YTAMO)
    北村早樹子

    DJ:安田謙一

    FOOD:喫茶ゆすらご(京都)

     

    ヒゲの未亡人=岸野雄一+ゲイリー芦屋×ALi

     

    岸野雄一
    ’63年東京生まれ。
    「京浜兄弟社」主催。
    俳優・音楽家・著述家等、多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗りながら、東京藝術大学大学院映像研究科、美学校等で教鞭をとる。
    海外からのアーティスト招聘や国内ツアーのオーガナイズ、イベント企画を数多く手がけるほか、音楽批評、映画批評の執筆も数多い。
    2016年、自身が制作総指揮・主演を担当した音楽劇「正しい数の数え方」が第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞を受賞。

     

    ゲイリー芦屋
    ’66年東京生まれ。
    作・編曲家。
    主に映画音楽のフィールドで活動、黒沢清監督「キュア」「LOFT」他、現在までに50作を越えるドラマ・映画の劇伴を手がける。
    また清水崇監督「呪怨」等を手がけ、Jホラーシーンを牽引した人脈の一端を担う。
    CMやドラマの劇判を手がける一方、渚ようこ、ルフラン、ギャランティーク和恵など所謂「和物」のプロデュースも手がける。
    著書に「ソフトロックA to Z」(音楽之友社)等がある。

     

    ALi(anttkc)
    ‘71年東京生まれ。
    映像作家。
    いくつかのVJユニットでの活動経験を生かし、国内外ともに幅広く活動。共演者は音楽関係にとどまらず、舞踏、俳優、漫画家等多岐にわたる。
    MVやCMの制作からライブ、演劇、ファッションショーなどの演出、音響等も手がけ、スクラッチDJの世界大会「DMC」では、大会からDVDまで映像ディレクターとして取り仕切ってきた。
    また、映像音響関連のハード、ソフトへの造詣が深く、演出システムの設計から、メーカーとの開発、ライブハウス、クラブの立ち上げに関わることも多い。
    ネット配信スタジオ「2.5D」との関係は特に深い。

     

    そして翌日は!

     

    岸野雄一トークショー
    SPEAKING ABOUT「コンビニにDJブースが!?」

    http://www.cap-kobe.com/

    日時:11/22 (火) Start 19:00
    会場:神戸 C.A.P
    参加費用:無料 

     

    「ヒゲの未亡人の国内旅行2016」
    http://anttkc.com/lvm2016/